僕自身影響を受けたベーシストはそれこそ沢山いますが、最も影響を受けたベーシストの一人として今回はこの人をとりあげたいと思います。

Dario Deidda(ダリオデイッダ)

Jazz Bass Playerの雑誌でで気になったきっかけで知ったイタリアのベーシストです。

Dario Deidda氏の何がすごいかというと

昨今の多弦化が進むベース界において
あくまでFenderの4弦JAZZBASSで弾く
であるということです。

それもスラップやタッピングなどの技巧を特に使わない、基本の応用なんですね。

Donna Lee

ジャコ・パストリアスの名演で有名なナンバー。
オルタード・スケール、モチーフディベロップメント等往年のジャズジャイアンツを相当研究したフレーズが満載です。

Rhythm-A-Ning

凄腕ウッドベーシストMarco Panasciaとのデュオ。

ジャンゴ・ラインハルトの名曲Nuageをベースで独奏

The Chicken

この人ほどフェンダーの4弦JAZZBASSをリリカルにひきこなしている人はいないのではないでしょうか。
加えてほとんどノーエフェクトであるということもポイントです。

ここまで4弦ベースで表現できるとなると多弦ベースの存在意義って何なんだろうと思ったりします。

僕自身過去は6弦ベースでエフェクター何個もつなげてやっていました。

まあ其のスタイルする人も結構いるので否定もしませんがそれによってより聴衆の心に打つ演奏ができるかというかというと疑問です。

バイオリン奏者がノンエフェクトで感動できる演奏しているのだからエレキベースでもできるはず。

40才までは僕も「4弦JAZZBASS」「ノンエフェクト」で基本的なフレージング・リズム・アーティキュレーションにこだわってみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね!

Twitter で
体験レッスン募集しています。

当教室ではお手頃なお試し体験レッスンを行っております。
あれこれ悩む前にまずはご気軽にお問い合わせください。

体験レッスン料 1回:2000円/60分

おすすめの記事