受講生 野田くん(高校一年生)がYoutube 始めました。そして「上達について」思うこと。

当教室の受講生の野田くん(高校一年生)が自分でYoutube始めていまして
自ら拡散希望です!
ということで当サイトにも掲載しておきますね!

野田くんは中学2年から 当レッスンを受講しておりまして、なんでもファンクやジャズとか好きで、教室のセッションイベントにもいろいろ参加しています。
コロナ禍で、イベントが中止になったので、なかなかアンサンブル指導ができないのですが、

その中で指導法としてよくやっているのが
「完コピを目指す、そしてそれを動画に収録し、さらけだす。」
をやっていまして、彼は見事に実践してくれています。

野田くんのYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCdGnzKvaDk_fdq3nOuxKHMQ
なかからいくつか抜粋します!

もしよければチャンネル登録、コメントや高評価ボタンおしえてあげると励みになりますね!

こちらのすすめで イギリスのファンクバンド Jamiroquai のナンバーをやってみたらと勧めてみました。
ベースラインがとコード進行がかっこよくてコピーするだけでうまくなりますね!

Runaway jamiroquai

Light years Jamiroquai

改めて、物事の上達について考えた

彼の動画も踏まえて 改めて 物事の上達について考えました。

これに関しては長くなるので、今回のことからのポイントをちょこっと書いてみます。

PDCA の D(Do) がないといつまでたっても進まない。

彼のいいところはまず行動 いわゆる PDCA の D(Do)がなっているところでしょうか。
物事の習得は インプットとアウトプットのバランスでして、レッスンを受けるだけではだめで、
それを実践し、人前にアウトプットする、これによってやっとスキルって身につくんですよね。

最初から100点を出そうとしない

彼の場合 公開までに数回 デモンストレーション上げています。
これはビジネス文書や成果物でもそうですが、
100点の成果物を出す前に「まず70点で提出しチェックを受ける」のもポイント

大学の「優・良・可」と同じで、合格ラインの「可」少し上辺りに早めに到達する、そこからブラッシュアップしていくというもの。
野田くんが実践しているのは まずは1回目を収録
フォーラムで 津田及び他人のアドバイスを受けて、2、3回目を精度上げて、撮ってみる。そして全体公開というのを実践しています。


とまあ散文的に書きましたが、野田くんの場合、高校一年でジャズ・ファンクに傾倒しているのでこれから楽しみですね!

頑張って欲しいものです!

ベース教室体験レッスン(オンライン オフライン)募集しています。

大阪市城東区関目にある津田ベース教室ではお試し体験レッスンを行っております。
今ならオンラインレッスン15分無料体験つき
あれこれ悩む前にまずはこちらをご覧くださいませ。

おすすめの記事