中国音楽業界的真実話

音楽主義
http://www.fmp.or.jp/ongakusyugi/

とういうフリーペーパーがありまして結構面白いです。

音楽業界の最近の新人発掘の動向やCDが売れなくなったこの業界の最近の動き、様々な権利問題の解説を述べていまして勉強になります。

その中で面白いのが元爆風スランプのドラマーファンキー末吉氏が書いている「中国音楽業界的真実話」という連載記事ですね。

なんでも中国って100万人都市が100以上もある(日本は6つ)のでマーケットとして相当大きいそうですね。
また経済発展の割りに音楽文化としては途上なので、日本の成熟した音楽業界のノウハウが求められているということ。

去年の記事ではありますが
http://diamond.jp/series/chinabiz/10014/
にもあるとおり、ようやくポップス以外の音楽にも人気が出てきたらしいです。

本当に「ジャズで飯を食う」のであれば、大阪でしこしこやっているより中国でがんばったほうが案外ハードルは低いのかもしれないと思いました。

リスナー÷プレイヤーの比率は圧倒的に中国のほうが高いですし、
「ジャズは英語もしくはインスト」ですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね!

Twitter で
ベース教室体験レッスン募集しています。

大阪市城東区関目にある津田ベース教室ではお試し体験レッスンを行っております。
あれこれ悩む前にまずはこちらをご覧ください。

おすすめの記事