スクリーンショット 2013-08-13 10.47.57

以前バスカーズのベースを購入しましたが

新しいベースを購入しました。BUSKER’S バスカーズ KBP1

  • どうにもちょっとちゃちすぎる。
  • 1volume トーン無しはやりづらい

ということで日野 “JINO”賢二氏や中村梅雀氏も使用しているイケベ楽器のCompact Bass(コンパクトベース)を購入しました。

使用感のレポートでも書いてみたいと思います。

仕様関係

フルサイズと同じ部品が多い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずこの楽器は中国製でした。シリアルナンバーのデカールをみるにサウンドハウスのPLAYTECHシリーズと同じところで作られているような気がします(あくまで推測ですが)。

ピックアップはJBタイプのふつうのものです。でブリッジもふつうのものです。
最近思うのですがJBタイプのピックアップって構造単純だからどれもそんなに変わらない気がします・・・。

自分で調整できる人向き

で、買った時の状態はあまり良くないです。
弦高がかなり高めに設定されています。
弦を張ると案の定ネックが順反りします。
自分でネック調整が細かく出来る人は問題ないと思います。

ってか
イケベ楽器さんもっとまともな調整で発送して下さい!!

またナット調整も当然出来ていません、溝が浅いです。

なので自分で調整しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分でやる方はこちらを参考にどうぞ。
弾きやすいベースとは(弦高とナットの関係)

あとこのベース、なぜかネックはプレベです(笑)。よって太い!
強度の問題なのかよくわかりませんが事前に知っておいたほうがいいと思います。

大きさ比較

ストラトとだいたい同じ大きさ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

所有楽器を並べてみました。
左からストラトタイプのギター、34インチのジャズベ、Compact Bass(コンパクトベース)、BUSKER’S バスカーズ KBP1
です。

Compact Bass(コンパクトベース)BUSKER’S バスカーズ KBP1ではBUSKER’S バスカーズ KBP1のほうが弦長ともに小さいですね。

ストラトとだいたい同じ大きさです。こうしてみると34インチのジャズベはでかく見えますね。
※そもそもエレキベースはそもそも34インチでなくてもいいのではと思います。

付属のケースは例によってしょぼいものでしたがギターケースにちょうど入ります。

音について

充分使えます。

音はちゃんとしたジャズベの音がします。あとはスラッピングの際の開放弦の音に深みがないですがそこは弦長によるものが多いのでしょう。。

参考動画

Fのブルースを弾いてみました。カメラの内蔵マイクなので音はそれほどよくないですが。

意外な利点としてWEBカメラの収まりがいいですね。(笑)

ライブで早速使いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近所の音楽バーでミニライブがあったので早速使用しました。
ミキサーぶっさしのライン直でしたがお客さんにも音は大好評でした。

総評

使えるミニベース!!買って損はないとおもいます。

重さが半分になって、ちゃんと使えるエレキベースという印象でした。
ストリートやミニライブでいろいろ使えそうです。

しかしちゃんといい音で弾くには

  • 弦高調整
  • ネック調整
  • ナットの溝調整
  • ピックアップの高さ調整

が要ると思います。ご自分でやるかリペアの人に頼むのがいいと思います。
まあ15000円という価格なので損をするほどではないと思います。

購入を悩むのであれば一度手にれられることをおすすめします。

AmazonのCompact Bass(コンパクトベース)の購入ページはこちら

サンバーストを並べてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左からFender Japanの5弦、Tokaiのフレットレス、Fender Japanの4弦、Compact Bass(コンパクトベース)、PGMの4弦、やたら増えた気がします(笑)