地方は活性化するか否か?

人気のWEBマンガ「地方は活性化するか否か?」の初期単行本が出版されたので購入してみました。

すごいタイトルですが、いわゆる内容を要約すると、徐々に疲弊していく地方の問題を5人の女子高生キャラをを狂言回しにして紹介していくもので、かなり面白かったです。
また各章末の筆者のコラムが非常に本質を付いている内容でマンガをいい感じに解説しています。

先日北海道も行って感じましたが、地方都市のよくある光景として

  • 駅前の商店街はほぼシャッター通り
  • APAや東横などの県外資本のホテルがそろう
  • ちょっと外れた振興地にファスト風土が広がる
  • ガソスタ跡地にデイケアとセレモニーホールが乱立する

どこに行ってもおんなじ感じですね。

でもこの問題は大阪でも似たようなものがありまして、行政におんぶにだっこの事業・イベントも少なくありません。

あと、この話はライブなどの音楽イベントってそもそもなんぞや。という部分ともかなり重なる部分があると思います。
※特に様々なジャズフェスなど

実はこの話題と11/22の大阪ダブル選もつながっていますね。

一度手にとって見ると良いかと思いますよ。