うちの職場には常にFM802が流れているのですが、今日はシンガーソングライターの植村花菜さんが出演してました。

その番組中で新曲を生で弾き語りしていたのですが、この曲がスゴクいいです。

トイレの神様

同居していたおばあちゃんとの生活~そして別れを題材にした物語風の曲なのですがすごく切なくていい曲ですね。

最近のJ-POPってアレンジとリズム主体で、歌詞が沁みる曲が少ないなあと思っていたのですが久しぶりに歌詞で感動できる歌に出会えました。

自分は植村花菜さんをインディーズの頃から知ってまして、ちょうど堂山のCitywest(西垣ドラミさんがセッションホストやってるとこ)っていう小さなライブバーでやってたライブを初めて見た時、心の底から感動した記憶があります。その後自分のバンドのイベントにも出てもらったりといろいろお世話になりました。

メジャーデビュー直後は事務所の戦略か音源が作り込みすぎな感じもうけましたが、最近はいい意味で本来の自然な魅力が発揮されてきてますね。

後もう少しでブレイクしそうなんで心から応援したいと思います。

ちなみに彼女のギターはThe Alfeeの坂崎幸之助氏の譲り受け物です。これもすごい話ですね。