スクリーンショット 2013-12-27 15.59.11

日頃はi real proのバッキングでレッスンも行っていますが、やはり生演奏をバックに演奏したいですよね。っというわけでこの本を購入しました。

甲陽音楽院の講師の方が書かれた本です。
何度かライブも足を運んだ経験がありますが、多弦ベースの流暢なプレイが印象的でした。

スタンダード・ジャズ・ベース・メソード《ベース・ランニング&ソロ》模範演奏・マイナスワンCD2枚組付

ウォーキングベースの教則はいろいろありますがジャムセッションでよく演る曲に突っ込んで解説している教則本って以外に少ないですよね。

この本は以下にあるようなジャムセッション割とやる曲をマイナスワン付きのCDが付いて良かったです。

収録曲

  1. There Will Never Be Another You
  2. All The Things You Are
  3. Stella By Starlight
  4. Confirmation
  5. Autumn Leaves
  6. Giant Steps
  7. Just Friends
  8. Someday My Prince Will Come
  9. There Is No Greater Love
  10. You’d Be So Nice To Come Home To
  11. Oleo

所感

演奏のクオリティーが高い

実際のジャムセッションを体験した人ならわかるとおもいますが、アンサンブルが徐々に盛り上がっている感じに入り込めます。

程よい難易度のソロ

バップ系の美味しいソロがたくさんあります。
とくにGiant Stepsとかはわかりやすいソロって巷に譜面ないですよね。パティトュッチ氏のプレイとか難解ですし。
プレイ内容としては納浩一さんのそれのほうが個人的に好きだというのはありますがコピーしがいはあると思います。

譜面が見やすい

譜面が4小節均等割で書かれているので非常に読みやすいです。
そういや青本と呼ばれるスタンダード譜は5小節割の譜面があった気が、あれは読みにくかったです。

解説はありません

本に記載されているのは譜面だけで「◯小節目はこういう解釈でプレイした」などの解説は一切ありません。
理論を知っているなら大丈夫ですが知らないとよくわからないままですね。教材としては使えます。

総評

買って損はないと思います。
中・上級者はもとより、ある程度弾けるようになったけどセッションはちょっと・・・。
という方にもオススメです。